当会について

当会について(定款と当会について・代表挨拶・理事(役員)
定款(PDF)teikan2016.pdf

会名

医師と団塊シニアの会

設立 2014年10月
所在地
〒108-0071 東京都港区白金台 3-7-7 白金台ローヤルコーポ 509 号室
事業内容

後に続く世代のために、団塊世代を含めたシニア世代が生活の質を保ったまま終末期を迎えるよいモデルケースになれればと思います。皆様のご理解と幅広いご支援をお願いいたします。

我が国の高齢化は世界で最も進んでおり、人生90年時代を迎え、今後75歳以上の高齢者が都市部を中心に急速に増加し、2030年には人口の5分の1を占めると見込まれます。
このような超高齢社会は、どの国も経験したことがありません。病院や施設の整備など従来の延長線上の対応だけでは乗り切れず、新しい視点で取り組む必要があります。
団塊の世代が75歳を超える「2025年問題」を解決するために、患者と医師という立場を越え、明るく活力ある超高齢社会の建設を目指すという趣旨で、「医師と団塊シニアの会」を設立いたしました。そのための正しい情報を発信し合い、ネットワーク作りに貢献いたして参ります。

 


代表挨拶

我が国の高齢化は世界で最も進んでおり、人生90年時代を迎え、今後75歳以上の高齢者が都市部を中心に急速に増加し、2030年には人口の5分の1を占めると見込まれます。このような超高齢社会は、どの国も経験したことがありません。従来の延長線上の対応だけでは乗り切れず、新しい視点で取り組む必要があります。

医療が目覚ましい進歩を遂げたが故に、私たちはこのような長生き社会を享受する一方,如何に病気とも付き合いながら長い老いをより良く生きるかという新しい課題に向き合っています。

今後の対応は、団塊の世代が75歳を超える2025年が節目とされており、この「2025年問題」を解決する上で、団塊の世代自身がどのように行動するかも問われています。そこで、患者と医師という立場を越え、明るく活力ある超高齢社会の建設を目指すという趣旨で、「医師と団塊シニアの会」を設立いたしました。

私どもは、この会の趣旨に沿い、正しい情報を発信し合い、ネットワーク作りに貢献し、後に続く世代のために、団塊世代を含めたシニア世代が生活の質を保ったまま終末期を迎えるよいモデルケースになれればと願っております。

皆様のご理解と幅広いご支援をお願いいたします。

2014年10月 15日

特定非営利活動法人 医師と団塊シニアの会
代表理事  辻  哲夫

 


医師と団塊シニアの会 役員    
代表理事    
辻 哲夫    東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授
    
理事    
安本 和正    社会医療法人 愛宣会 ひたち医療センター 院長
    
福田 惠一    慶應義塾大学医学部循環器内科 教授
    
川口 健一    東京大学生産技術研究所 教授
    
岩﨑 日出俊    インフィニティ株式会社 代表取締役(元 日本興業銀行、MBA 経営コンサルタント)
小森 杜喜子    ラジオNIKKEI医学番組プロデューサー
    
監事    
梅田 明彦    元 りそな銀行副頭取

2016年12月現在

アクセスマップ

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 03-6317-9642

受付時間:平日
9:30〜18:30

FAX 03-6317-9642

受付時間
24時間受付